営業時間 : 8:30~17:30
定休日 : 土日祝日

各種金属銘板

アルマイト銘板

アルマイト銘板とは、アルマイト皮膜上に、染色画像を形成し、有機性染料をアルマイト層に浸漬させ、封孔処理して作成する銘板です。
アルミを利用するため軽く、加工がしやすい特徴があります。

アルマイトとは?

アルミニウムの耐食やや耐磨耗性を向上させることや、着色をして装飾することを目的として行われる表面処理を「アルマイト」と言います。アルマイトは実は商標で、陽極酸化/アノダイズとの言います。
希硫酸を電解液にしたアルマイト皮膜は、バリヤー層と無数の微細孔からなる多孔質皮膜で、最も普及している陽極酸化法です。アルマイト皮膜は蜂の巣のような六角柱のセルの集合体で、それぞれ中心に微細な孔があるので、アルマイト皮膜は高硬度であるのに加えて吸着性が強く、容易に染色や着色を施すことができます。

主なアルミ合金の特性とアルマイト

着色アルマイトは、アルマイト処理後染料に浸して微細孔に染料を浸透させ着色する表面処理です。
微細孔が開いたままでは汚染物質や腐食物質も吸収してしまい、汚れやすく耐食性も十分ではないので、後処理として穴をふさぐ処理を施すことにより、耐食性、耐候性、耐汚染性を向上させます。

アルマイトの注意点

めっきが金属素地は何ら変化せずに電着した皮膜であるのに対して、アルマイトは素地であるアルミニウム自体が酸素として反応してできる皮膜なので、処理前の素材の位置から処理後の皮膜表面までの距離は、アルマイト皮膜の厚さとは一致しません。
さらに、通常前処理において苛性ソーダにひたして皮膜表面を洗浄するので、アルミニウムの表面が溶解して素地は減寸してしまうので、アルマイトは電気めっきと比べ、寸法精度の管理は難しいと言えます。
これらの理由で、ほとんどのアルミ合金製部品はアルマイト処理をした後に切削、穴あけ等するので、加工面は素地生地がむき出しになっています。異なったアルミニウム合金をアルマイト処理した場合、前処理や電解条件を同一にしても、アルマイト皮膜は仕上がりの光沢、発色が異なります。

エッチング銘板

エッチング銘板とは、薬剤によりエッチング(腐食)させた箇所に塗料を焼き付ける銘板です。
耐候性に優れた特徴があります。

エッチング工程表